認知症 レシチン 脳 効果

認知症対策にはレシチンがおすすめ

高齢化社会が深刻に進み、健康な高齢者がたくさんいれば良いですが、認知症を患う人が増えています。高齢者だけではなく、中年世代の認知症患者も少しずつ増えており、人超にかかってから治療を受けるよりも、認知症にならないように予防対策を心がける必要があります。

 

認知症対策のひとつとして、毎日の食生活の中でレシチンと呼ばれる栄養素を摂取すると良いでしょう。レシチンは、大豆や鶏卵の卵黄に多く含まれている成分で、大豆由来のレシチンと卵黄由来のレシチンは、それぞれの持つ作用や期待される効果には少し違いがあるようです。

 

卵黄レシチンが脳に効果的

大豆レシチンを摂取することにより、肝臓をいたわり、血中コレステロールの減少、動脈硬化の予防、認知症の予防などの効果が期待されています。卵黄由来のレシチンは、おもに脳神経の組織に働きかけるため、記憶力や集中力をよくする作用や認知症の予防に良いとされています。

 

大豆レシチンと卵黄レシチンについて、認知症の予防対策にはどちらが良いかと比較した場合、脳細胞や脳神経に作用する働きを持つとされる卵黄レシチンのほうが良いと言われています。健康を維持していくには、大豆と卵、その両方の食材を積極的に取り入れると良いでしょう。

スポンサーリンク

認知症にレシチン!脳への効果は?関連ページ

フェルラ酸
認知症に効くフェルラ酸とは何?という基礎知識からフェルラ酸が認知症に効くメカニズム、フェルラ酸配合のサプリメントなどをご紹介します。
ノビレチン
認知症の予防に良いとされる成分として、ノビレチン(nobiletin)について詳しくご紹介します。ノビレチンが含まれている食品や認知症予防の効果など。
ジオスゲニン
認知症の予防や改善にジオスゲニンと呼ばれる成分が注目されています。ジオスゲニンが多く含まれる食材や効果的な摂取方法などを掲載。

トップページ 基礎知識 食事で予防 その他の予防法 対策方法 有効成分