認知症 予防 歩く スピード 歩数

認知症の予防には歩くのが◎

健康を維持していくには、ウォーキングなどの有酸素運動を適度に取り入れると良いですね。ウォーキングは、日常の生活の中で「歩く」を取り入れた運動なので、中高年世代の人に最適な運動です。そして、歩き方にちょっと工夫を加えるだけで、認知症の予防・改善対策にも良いので、ぜひ実践してはいかがでしょうか。

 

認知症対策の一環として、脳トレーニングを実践している中高年世代の人も増えてはいますが、脳トレーニングは頭を使うことはあっても、体を動かすことはほとんどありません。ウォーキングは、全身を動かして外に出て歩くので、良い気分転換にもなります。

 

スピードと歩数が重要!

認知症の予防・改善を意識して、ウォーキングを行うなら歩くスピードや歩数を重視すると良いでしょう。ふだん歩く時よりも、少しスピードを上げて歩くこと、無理のない程度で良いので、できるだけ長時間継続して行うことです。

 

ある都道府県で、65歳以上の高齢者を対象に長期間に渡り、ウォーキングと認知症の関係について調査が実施されたところ、脳トレーニングよりもウォーキングのほうが、認知症の予防・改善には効果的であること、そして1日に8000歩以上のウォーキングで、20分以上継続して、早歩きを行うのが効果的という結果が出たとのことです。ウォーキングを行う際に、万歩計をつけておくと歩いた時間や歩数などがわかるので、記録をつけておくと良いですね。

スポンサーリンク

認知症の予防には歩くスピードと歩数が重要!関連ページ

ウォーキングしながら計算
有酸素運動で認知症を予防する方法をご紹介します。ウォーキングしながら簡単な掛け算や足し算、引き算などの計算をする方法、有酸素運動をしながらしりとりをする方法など。
会話のコツ
認知症はコミュニケーションで予防できます。このページでは認知症の予防に効果的な会話のコツや上手な質問の仕方、コミュニュケーションをとるうえでの注意点などをご紹介します。
アロマオイルの使い方
認知症予防に芳香療法(アロマテラピー)が効果的です。このページではアロマオイルを使った認知症予防の方法をご紹介します。アロマオイルの使い方やラベンダー、カモミール、ジュニパーベリーなど。
回想法
認知症予防に効く回想法についての情報をご紹介します。回想法とはアメリカの精神科医が提唱した心理療法です。回想法の効果や方法など。
カラオケ
認知症の予防にはカラオケがおすすめです。歌う効果、カラオケが認知症状に効果があると言われる理由、脳を活性化させる音読の効果など。
ペットセラピー
認知症には動物を飼うと予防効果があります。このページではペットセラピー(アニマルセラピー)による認知症予防について詳しく掲載。ペットセラピーの効果など。
パズルゲーム
認知症の予防には脳トレなどのゲームが有効と言われていますが、その中でも最もおすすめなのがパズルゲームです。このページではパズルゲームの脳への効果についてや、おすすめのパズルゲームなどをご紹介します。
ピアノを弾く
ピアノは認知症の予防に効果的です。ピアノを歌いながら演奏できるようになれば右脳と左脳の両方が鍛えられ、脳が活性化される効果がかなり期待されています。このページではピアノやエレクトーンを弾く効果について詳しくご紹介します。
高齢者向けの筋トレ
認知症の予防には筋トレが効果的です。このページでは認知症に対する筋トレの効果やメカニズム、高齢者向けのやり方などを掲載しています。
耳のツボ・手のツボ
認知症に有効なツボをご紹介します。耳のツボや手のツボ、陽谿(ようけい)・陽池(ようち)・陽谷(ようこく)など、場所や押し方などを掲載。
人工知能ロボット
認知症の予防・改善に効果が期待される人工知能の機能を兼ね備えたロボットが開発され、実用化されています。アザラシの赤ちゃんをモチーフにしたパロというロボットについてご紹介します。

トップページ 基礎知識 食事で予防 その他の予防法 対策方法 有効成分