認知症 コミュニケーション 予防 会話 効果 コツ

認知症はコミュニケーションで予防できる

認知症を予防するには、毎日の食事や生活習慣を改善することも大切ですが、毎日の生活が単調にならないように工夫することも必要ですね。近年はとくに少子化・高齢化が進んでおり、高齢者のひとり暮らし世帯が増えていますが、趣味を持っている人や隣近所のお付き合いが多い人は、認知症になりにくいようです。反対に趣味がなくて人とコミュニケーションする機会が少ない人は、認知症にかかるリスクが高くなります。

 

常にコミュニケーションをとることで脳に良い刺激をもたらし、人と人とのつながりを深めることができます。それでは、会話によって認知症予防の効果をあげるには、どのようなコツがあるのでしょうか。

 

会話のコツ・上手な質問の仕方

コミュニケーションのとり方にはいろいろありますが、単純に質問をして相手に「はい」または「いいえ」と2つに1つの答えを選んでもらうような会話だと、話が発展しません。たとえば、「昨日はよく眠れましたか?」「朝はスッキリ目覚めましたか?」と聞くよりは、「今日の気分はどんな感じですか?」「朝ごはんは何を食べましたか?」といった質問のほうが、その内容について相手が詳しく話す必要が出てくるので、会話がつながりやすいですね。

 

アンケートに答えてもらうかのように次々に質問するのではなく、相手の話によく耳を傾けて、聞き上手になることがポイントです。

スポンサーリンク

認知症をコミュニケーションで予防!会話の効果やコツ関連ページ

ウォーキングしながら計算
有酸素運動で認知症を予防する方法をご紹介します。ウォーキングしながら簡単な掛け算や足し算、引き算などの計算をする方法、有酸素運動をしながらしりとりをする方法など。
アロマオイルの使い方
認知症予防に芳香療法(アロマテラピー)が効果的です。このページではアロマオイルを使った認知症予防の方法をご紹介します。アロマオイルの使い方やラベンダー、カモミール、ジュニパーベリーなど。
回想法
認知症予防に効く回想法についての情報をご紹介します。回想法とはアメリカの精神科医が提唱した心理療法です。回想法の効果や方法など。
カラオケ
認知症の予防にはカラオケがおすすめです。歌う効果、カラオケが認知症状に効果があると言われる理由、脳を活性化させる音読の効果など。
ペットセラピー
認知症には動物を飼うと予防効果があります。このページではペットセラピー(アニマルセラピー)による認知症予防について詳しく掲載。ペットセラピーの効果など。
パズルゲーム
認知症の予防には脳トレなどのゲームが有効と言われていますが、その中でも最もおすすめなのがパズルゲームです。このページではパズルゲームの脳への効果についてや、おすすめのパズルゲームなどをご紹介します。
ピアノを弾く
ピアノは認知症の予防に効果的です。ピアノを歌いながら演奏できるようになれば右脳と左脳の両方が鍛えられ、脳が活性化される効果がかなり期待されています。このページではピアノやエレクトーンを弾く効果について詳しくご紹介します。
歩くスピードと歩数
認知症の予防には日常の生活の中で「歩く」を取り入れた有酸素運動が効果的です。このページでは認知症予防のための歩くスピードと歩数などについて詳しくご紹介します。
高齢者向けの筋トレ
認知症の予防には筋トレが効果的です。このページでは認知症に対する筋トレの効果やメカニズム、高齢者向けのやり方などを掲載しています。
耳のツボ・手のツボ
認知症に有効なツボをご紹介します。耳のツボや手のツボ、陽谿(ようけい)・陽池(ようち)・陽谷(ようこく)など、場所や押し方などを掲載。
人工知能ロボット
認知症の予防・改善に効果が期待される人工知能の機能を兼ね備えたロボットが開発され、実用化されています。アザラシの赤ちゃんをモチーフにしたパロというロボットについてご紹介します。

トップページ 基礎知識 食事で予防 その他の予防法 対策方法 有効成分