認知症 予防 有酸素運動 ウォーキング 計算

有酸素運動で認知症予防

自分で出来る認知症予防には、食事や運動などいろんな方法がありますが、その中でもウォーキングはとくにおすすめです。認知症はかかってからケアするのではなく、認知症にかかる前に自分で出来る予防対策を考えて実践することが大切です。

 

認知症にかかるリスクを下げるには、日常生活の中で習慣になっている運動としてウォーキングを行うと良いでしょう。ウォーキングは有酸素運動であり、近所の公園や草花などの自然の風景を見ながら歩くことで、気分転換になり、脳に良い刺激を与えます。

 

ウォーキングしながら計算

ウォーキングは長時間行う必要はなく、1日のうち30分〜1時間程度で十分です。最初は体を慣らすために20分、30分程度から始めて少しずつ時間を増やしていくと良いでしょう。ただ歩くだけではなく、歩きながら簡単な掛け算や足し算、引き算などの計算をしたり、しりとりなどをすることによって、頭を使うので記憶力アップにつながり、認知症の予防対策になります。

 

ただし、歩きながら計算やしりとりに夢中になって、あまり自分の世界に入り込んでしまうことがないように適度に行うことです。ウォーキングは認知症対策にはもちろん、ダイエットにも良いので、天気の良い日は外に出かけてはいかがでしょうか。スポーツジムや体育館などに行って、室内を歩くのも良いですが、なるべく外に出て緑の木々や草花のある自然環境の良い場所でウォーキングをすることをおすすめします。

スポンサーリンク

認知症予防に有酸素運動|ウォーキングしながら計算関連ページ

会話のコツ
認知症はコミュニケーションで予防できます。このページでは認知症の予防に効果的な会話のコツや上手な質問の仕方、コミュニュケーションをとるうえでの注意点などをご紹介します。
アロマオイルの使い方
認知症予防に芳香療法(アロマテラピー)が効果的です。このページではアロマオイルを使った認知症予防の方法をご紹介します。アロマオイルの使い方やラベンダー、カモミール、ジュニパーベリーなど。
回想法
認知症予防に効く回想法についての情報をご紹介します。回想法とはアメリカの精神科医が提唱した心理療法です。回想法の効果や方法など。
カラオケ
認知症の予防にはカラオケがおすすめです。歌う効果、カラオケが認知症状に効果があると言われる理由、脳を活性化させる音読の効果など。
ペットセラピー
認知症には動物を飼うと予防効果があります。このページではペットセラピー(アニマルセラピー)による認知症予防について詳しく掲載。ペットセラピーの効果など。
パズルゲーム
認知症の予防には脳トレなどのゲームが有効と言われていますが、その中でも最もおすすめなのがパズルゲームです。このページではパズルゲームの脳への効果についてや、おすすめのパズルゲームなどをご紹介します。
ピアノを弾く
ピアノは認知症の予防に効果的です。ピアノを歌いながら演奏できるようになれば右脳と左脳の両方が鍛えられ、脳が活性化される効果がかなり期待されています。このページではピアノやエレクトーンを弾く効果について詳しくご紹介します。
歩くスピードと歩数
認知症の予防には日常の生活の中で「歩く」を取り入れた有酸素運動が効果的です。このページでは認知症予防のための歩くスピードと歩数などについて詳しくご紹介します。
高齢者向けの筋トレ
認知症の予防には筋トレが効果的です。このページでは認知症に対する筋トレの効果やメカニズム、高齢者向けのやり方などを掲載しています。
耳のツボ・手のツボ
認知症に有効なツボをご紹介します。耳のツボや手のツボ、陽谿(ようけい)・陽池(ようち)・陽谷(ようこく)など、場所や押し方などを掲載。
人工知能ロボット
認知症の予防・改善に効果が期待される人工知能の機能を兼ね備えたロボットが開発され、実用化されています。アザラシの赤ちゃんをモチーフにしたパロというロボットについてご紹介します。

トップページ 基礎知識 食事で予防 その他の予防法 対策方法 有効成分