認知症 予防 噛むこと 歯

認知症予防にはよく噛んで食べることが大事!

自分で出来る認知症の予防として、毎日の食事のメニューは野菜や果物、オメガ3系脂肪酸などを積極的に取り入れたり、空いた時間にウォーキングをするなど体を動かして気分転換をするといった方法があります。そして、毎日の食生活習慣の中でとくに気をつけてほしいのが、食べ物をよく噛んで食べることです。

 

歯が悪くて食べ物を噛むことができない、または入れ歯が原因で食べ物が噛めないことはありませんか? 歯の本数が少なくなると食べ物が噛めなくなり、食生活が不自由になるだけはなく、脳の健康にも悪影響を及ぼすことがあります。認知症の予防として、歯でしっかり噛む習慣をつけておくことが肝心です。

 

歯が脳に与える影響とは?

食べ物をよく噛んで食べることで唾液が分泌され、脳が刺激されます。ですが、歯の本数が少なくなり、歯の周辺の神経に異常がみられるようになると、大脳が刺激されにくくなり、記憶をつかさどる海馬周辺の容積が少なくなります。その結果、思考力の低下がみられるようになり、脳の機能が衰えるものと考えられています。

 

認知症の予防法として、食事の時には食べ物をよく噛むこと、そしてよく味わって食べることです。毎日元気で頭がしっかりしている高齢者は、歯が丈夫で食べ物をよく噛んでいます。元気で長生き、健康を維持していくためには、歯が命と言っても良いほどです。

スポンサーリンク

認知症予防には噛むことが大事!関連ページ

青魚
認知症の予防にはサバやイワシ、サンマなどの青魚に含まれるDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が効果的です。DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸の認知症予防の効果やサプリメントの情報などを掲載。
野菜ジュース
野菜ジュースの認知症の予防効果について詳しく掲載しています。野菜と果物には含まれるポリフェノールや抗酸化作用が認知症予防に期待されている理由についてなど。
ココナッツオイル
認知症予防に効果的なココナッツオイルについて詳しくお伝えします。認知症への効果やココナッツオイルの1日の摂取量、食べ方についてなど。
乳製品
認知症予防には牛乳やヨーグルトが効果的です。乳製品に含まれるグルタチオンという成分についてや認知症の予防効果について。牛乳やヨーグルト、チーズなど。
ウコン
アルツハイマー認知症の予防にウコンに含まれるクルクミンが注目されています!ウコンはターメリックとも呼ばれていてカレーに使われる香辛料としても知られています。このページではウコンの認知症予防の効果や手軽な摂取方法などについて掲載。
チアシード
スーパーフードとして人気のチアシードに認知症の予防効果があるのをご存知でしょうか?このページではチアシードの認知症への効果や脳の健康に役立つとされるオメガ3脂肪酸について詳しくご紹介します。
米ぬかサプリメント
認知症予防に効果があると話題の米ぬかサプリメントの効果について詳しくご紹介します。米ぬかに含まれるフェルラ酸と呼ばれる成分、米ぬかの成分や摂取方法について。

トップページ 基礎知識 食事で予防 その他の予防法 対策方法 有効成分