認知症 予防 対策

認知症の原因と予防法について

高齢化が急速に進んでいることから、認知症にかかる高齢者が年々増えており、深刻な問題となっています。認知症はさまざまな原因によって、脳細胞の働きが衰えて死んでしまう病気であり、老化現象のひとつと考えられています。初期の段階では、頻繁に物忘れをする、家族や周囲の人の顔を認識できなくなることもあります。症状がひどくなると、日常生活にも支障をきたすことがあります。

 

40代、50代の人も注意!

認知症は、高齢者特有の病気と認識している人も多いようですが、40代、50代の人でも発症することがあります。現在、65歳以上の高齢者の中で認知症にかかっている人は全体の約15%と言われていますが、認知症予備軍もたくさんいるので、これらの数を合わせると、もっと多くの人が認知症にかかっていて、家族や周囲のサポートが必要となります。

 

主な原因はアミロイドβ

「最近、家族の様子がいつもと違う、おかしい」と思ったら、早めに病院で診察を受けて、認知症の原因について突き止めて適切な治療を受けることが肝心です。そして、認知症にかかる前に、早い時期から予防対策を行うように心がけることです。認知症の原因として、脳神経細胞にアミロイドβと呼ばれる老廃物が発生して、これが蓄積されることで、脳細胞にダメージを引き起こします。

 

認知症の予防は45歳頃から

認知症の発症は初期段階から約25年かかることから、予防は45歳頃から始めることをおすすめします。それでは、認知症を予防する対策として、どんなことを実践していけば良いのでしょうか。運動や食事、趣味に打ち込むなど、人それぞれに合う方法があると思います。

 

時間にゆとりがある人は、できるだけ毎日外に出てウォーキングなどの有酸素運動をして、足腰を鍛えるとともに、外の景色を見ることによって、脳神経が適度に刺激されるので、認知症予防におすすめです。

スポンサーリンク


トップページ 基礎知識 食事で予防 その他の予防法 対策方法 有効成分